不動産仲介

不動産仲介とは

不動産(中古住宅・土地・マンション)を売却する方法には、『仲介』『買取』の2種類があります。

『仲介』とは、不動産会社が買主を見つけ、売主様と買主様をスムーズに結び付ける事を言います。

不動産仲介のメリット・デメリット

仲介のメリットは買取と比べると比較的高い価格で売却できる可能性があります。

査定額を基に、売主様のご希望を伺いながら売却額を設定して販売活動を行います。ただしあまりにも高い金額を設定すると、買手がつかなくて売れる物も売れなくなってしまいますが、市場価格と乖離しない範囲で調節すれば、その物件を気に入って買いたいという方が現れれば、比較的高値で売れる場合もあります。

仲介のデメリットは、購入希望者が現れずいつまでも売れ残る可能性があること、現在居住している家を売りたい場合、購入希望者の内覧が何度もあることです。

仮に購入希望者が現れたとしても、条件面で折り合わない・ローン審査が通らないなど、長期化する可能性があります。仲介手数料がかかります。

時間がかかっても、少しでも高く売りたい方は、「仲介による売却」をお勧めします。

不動産買取

こまち不動産の仲介 5つのメリット

査定無料

ご相談・物件査定は一切無料です。売るかどうか迷っている方も、ご相談にのらせていただきます!秘密厳守で、不動産コンサルティングマスターの資格を持つ不動産のプロが、お客様にとっていちばんベストなアドバイスをいたします!

また、地域の不動産相場に詳しい為、的確な査定額をご提案できます。

積極的な販売活動

  • 物件への看板設置
  • ホームページへの掲載
  • 人気のポータルサイト『at home』等への掲載
  • 各種SNSでの情報発信
  • 新聞折込広告やポスティング広告・フリー雑誌への掲載
  • 既存のお客様への紹介
など、様々な手法で販売活動を行います。

※チラシ広告等は、売主様のご都合で控えることもできます。

これらの販売活動は無料です。買い手が見つかり、契約が成立するまで、一切費用は掛かりません

契約が成立した際には、法定仲介手数料が必要になります。

リフォーム等アドバイスいたします

現状では売るのが難しい場合など、より良い条件で売るためのアドバイスをいたします。

中古住宅の場合は、リフォームやハウスクリーニング等をすることにより、印象が良くなり高く売れる可能性があります。

また、そのままでは売るのが難しい土地の場合、土地造成・分筆等のアドバイスも致します。

残置物・ゴミの処分等も相談可能

中古住宅の場合物件引渡しまでに、基本的には動産(不動産に付属するもの以外のすべての家具・家電・物)を全部処分する必要があります。

ご自身で処分するのが困難な場合はご相談ください。

あんしんのアフターフォロー

仲介で不動産を売買する場合、売主様が2年間、瑕疵担保責任を負う必要があります。

瑕疵担保責任を問われないよう事前調査を充分行いますが、万が一の場合も、的確なアドバイス・業者の手配等を行いますので、売買契約締結後もご相談ください。