任意売却について

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けて家を購入している場合において、住宅ローンが払えなくなった時に、融資を受けた金融機関との合意に基づいて、家を売却する手続きの事です。

家を購入するときには予期しなかった出来事が起こることがあります。「事故や災害で思いがけない出費が重なった」「急に会社都合で働けなくなった」「共働きで返済する予定が離婚することになった」等々…。

そんなときはまず借入をしている金融機関に相談しましょう。返済を滞る前に、返済計画の見直し等で解決できるかもしれません。

それでも解決しないときは、任売、任意売却による家の売却を検討しましょう。

任意売却と競売の違い

項目 競売 任意売却
売却価格 市場価格の7割前後の場合が多い 市場価格に近い価格で売却できる場合が多い
プライバシー 新聞やネット上に公開されるため近所や職場に知られる可能性が高い 通常の不動産売却と同じ方法を取るため、事情を知られずに売却可能
持出し金 引越費用など 一切なし
残債 任意売却よりも多く残る可能性が高い 競売よりも残債は少なくなる可能性が高い
残債の返済 一括での返済を求められる 無理ない範囲で分割返済が可能
引越費用 裁判所から明渡命令が出せるため、立退料が支払われるケースはほとんどない 債権者との交渉次第で、最高30万円の引越費用を受領できる
引越し日 所有権移転後は不法占拠になり、引越し日は自由に選べない 購入者、債権者との協議を行い、引越し日を設定できる
自宅に住み続ける 不法占拠者として追い出される 親族間売買や投資家に購入してもらい、リースバックしてもらう方法がある
自らの意思 競売は所有者の意志は全く関係ない 債権者との協議は必要ですが、通常の不動産取引と同様に、ご自身の意志で売却活動が可能

このような方はすぐにご相談ください

CACE1

『ローンの返済が難しくなってきた』緊急度・中

「残業代カット」「会社が倒産の危機…」など、現在または近い将来、収入減が予想される方は、まだまだ間に合いますので、お気軽にご相談ください。愛着のあるご自宅を手放すのは相当の覚悟が必要です。しかし、時期を見誤ると競売にかけられ、より悪い結果を招くことになってしまいます。まだ時間のあるうちに早めの対策を取り、最良の結果を勝ち取れるよう準備しましょう。

CACE2

『既にローンを滞納している』緊急度・大

特にローン滞納が2ヵ月続いている方は危険信号です。民間住宅ローン・住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)等は、滞納が3ヶ月以上続くと一括返済を求めてきます。一括返済に応じられなければ、ご自宅は競売にかけられることになります。競売は強制的に行われ、所有者である皆さんにとってはデメリットが多い売却方法です。既にローンを滞納していて、今後の返済の目処が立たない方は、「任意売却で解決」することをおすすめします。

CACE3

『裁判所から通知が届いた』緊急度・最大

任意売却は時間との勝負でもあります。悩んでいるうちに取り返しのつかない事態に進展しかねません。債権者が裁判所に申し立てを行い、競売が確定すると、「担保不動産競売開始決定通知書」という書類がご自宅に届きます。これは最終勧告と思ってください。通知書が届いた後もなお滞納した場合は、問答無用で競売となります。競売が進んでしまうと任意売却はできないため、どうかその間にご相談ください。とにかく一刻を争う状態です。

なぜ任意売却が競売より良いのか。

メリット1

競売に比べ、市場価格に近い高額での売却が可能です。高値での売却により、後に残る住宅ローンを大幅に軽減することができます。

メリット2

競売よりも早期かつ多くの返済が可能で、金融機関や住宅金融支援機構などの債権者にもメリットが発生。残債務の返済についても柔軟な対応が期待できます。

メリット3

一般の中古住宅や中古マンションと同様の販売活動で売買されるため、競売と違い、債務に苦しんでいるということを周囲に知られることはほとんどありません。

メリット4

原則として、お手元資金の持ち出し負担がありません。不動産取引に必要な諸費用は、仲介手数料などは、債権者から配分として支払われるシステムです。

メリット5

交渉により、債権者から引越し費用や当面の生活資金に充てられる手当などを受け取れるケースもあります。

メリット6

住宅の明け渡し時期を購入者と交渉・相談することが可能です。競売では、強制退去の可能性があります。

相談無料0573-20-2424
E-mail:komachi2103@ybb.ne.jp